新着情報WHAT'S NEW

「知と学びのサミット 個性が育むサイエンス」を開催しました。

 

コングレコンベンションセンターのオープンを記念して、ノーベル賞受賞者が語る講演会

「知と学びのサミット 個性が育むサイエンス」を開催しました。

ノーベル賞受賞者の下村脩博士と益川敏英博士が科学の楽しさを語る講演会が9月23日、ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンターで開かれ、中学・高校生を中心に約900人が参加しました。「個性が育むサイエンス――ノーベル賞受賞者が語る」と題した講演会は、株式会社コングレと朝日新聞社が主催。コングレが今年5月にグランフロント大阪内に開業した同センターのオープン記念の催しで、また朝日新聞社がトップサイエンティストを招いて行う「知と学びのサミット」シリーズの一環として開催されました。

講演会では、まず、オワンクラゲから緑色蛍光たんぱく質(GFP)を発見し、2008年ノーベル化学賞を受賞した下村博士が、クラゲの採取と精製に明け暮れた頃の写真もまじえて、決してあきらめないことの大切さを講演。続いての対談では、「CP対称性の破れ」の理論で2008年ノーベル物理学賞を受賞した益川博士が、聞き手の中村桂子・JT生命誌研究館長と、自由な発想を生み出した若き日の研究生活の思い出などを語り合いました。

ノーベル賞受賞者の生の声を聞き、サテライト企画として併催されたワークショップで両博士の研究の一端に触れるなど、サイエンスのおもしろさ、奥深さを堪能する1日となりました。

これからもナレッジキャピタル コングレコンベンションセンターは、知と情報と文化の交流拠点として、サイエンスの振興に貢献していきます。

「みなさん、おげんきですか」と語りかける下村脩博士 「モーツァルトよりベートーベンが好き」と話す益川敏英博士
(左から)中村桂子館長、益川敏英博士、下村脩博士、総合司会の阿形清和・京都大学教授によるトークセッション サテライト企画会場内。GFPで細胞を染めた蛍光メダカが顕微鏡から投影されました。

 

「うめきたMICE特別セミナー」を開催しました。

ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンターの開業を記念する、うめきたMICE特別セミナー「地域活性化のための4人の提言」を7月31日、8月29日に開催しました。朝日新聞社・コングレ・MICE総研の3者の主催により、両日とも予定を上回る約300名の聴講者がありました。

7月31日(水)は橋爪紳也・大阪府立大学21世紀科学研究機構教授、井手憲文・観光庁長官(当時)、8月29日(木)は佐藤茂雄・大阪商工会議所会頭、井上慎一・Peach Aviation 株式会社代表取締役 CEOが講演。MICEによる地域活性化、今後の政策課題、観光振興などについて活発な議論が交わされました。

各回とも講演会後には参加者交流会が開かれ、それぞれ村山卓・株式会社ユー・エス・ジェイ マーケティング本部営業部長、中嶋茂夫・ソーシャルメディア・アドバイザーをゲストに、多様な情報交換が行われました。

今後も、コングレコンベンションセンターは、MICE活性化の拠点として、様々な活動を展開していきます。

 

 

Beautiful-aging Festa 2013 が開幕。

「Beautiful-aging Festa 2013」(同実行委員会主催)が本日、開幕しました。当センターのオープニングイベントの一環として、コングレも特別協力に加わっています。
題して「あなたを一生美しくする、2日間」。美と健康科学に関する産官学の団体が出展し、医療、美容、旅行など、美しく、楽しく生きるスマートライフに欠かせない最新情報を紹介しています。
会場内のステージでは終日トークセッションが開かれています。展示エリアには、健康測定、メイク実演など体験型のブースが多数あり、人気を集めています。
本イベントは入場無料で、19日まで。ご来場をお待ちしております。

Beautiful-aging Festa 2013

本日開業しました。

「ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター」は、本日開業いたしました。
5月18日~19日には、Beautiful-aging Festa 2013 (同実行委員会主催)が開かれます。(入場無料)

みなさまのご来場をお待ちしております。